まるまるひがしにほんの店

見沼区

すし屋の信太

2024年で創業38年。頑固親父が握る江戸前寿司の店

親子二代で寿司を握る「すし屋の信太」は、本格的な江戸前寿司が楽しめるお店です。場所はJR「東大宮駅」西口より徒歩約14分。駅前の県道144号線をまっすぐ進み、「東大宮出張所前」の交差点を道なりに左へ。「東大宮駅入口」の交差点を右に曲がり、県道5号線(第二産業道路)に入り「県営砂団地入口」の交差点を越えます。その後、しばらく進むと右手にお店があります。

板張りでシックな佇まいのお店は、2024年で創業38年。店内はカウンター7席、テーブル8席の全15席で、カウンター席は大将の仕事が目の前で見られる特等席となっています。BGMで流れてくるのは、音楽好きの大将お気に入りのビートルズです。

銀座の名店「寿し屋の勘八」で14〜31歳まで勤めた大将が握る寿司は、どれもひと仕事加えられた本格的な江戸前寿司。豊洲から仕入れた新鮮な魚で握る寿司や一品料理の数々は、どれも絶品ばかりです。季節や仕入れ状況によって握りや料理の内容が変わるので、季節ごとに違う味が楽しめます。

 


基本的に昼も夜も事前予約のコースのみ。厳選された旬の素材を活かし、大将が腕を振るいます(昼のコースと夜の「鮨と燻製コース」は二代目が握ります)。こちらは夜のコースの最後に提供されるお寿司。左から鯛の昆布締め赤貝、イカ、天然エビ。これを目当てに来店される方が多数いらっしゃいます。

 

夜のコースで提供される蒸し鮑(左)と松茸とからすみ(右)。蒸し鮑は、北海道産の鮑を土鍋で出汁とともに煮立てず5時間かけて低温調理し、柔らかく仕上げています。松茸は土瓶蒸し、からすみは炙って香ばしく風味を出した状態で味わえます。どちらも酒が進むこと間違いなしのアテです。

 

握りはもちろんですが、これを食べに来るお客さんも多いという人気の「あん肝」。新鮮なあんこうの肝をお店で酒蒸ししており、生臭さくなく旨みとコクだけが味わえる絶品です。

日本酒は1合と4合から選べ、焼酎(麦・芋)、ビール(ノンアルコールビール有)、ワイン、シャンパーニュ、ウイスキーと、料理と一緒に楽しめるお酒が各種用意されています。ワインなどをオーダーされる方に合わせて、コースの料理を洋風にアレンジして出してくれることもあります。

※写真は取材時の品ぞろえです。季節で変わります。

 

店舗の隣には、息子さんが店長を務める「燻製工房 283SMOKE」を併設。チーズ類(プロセス・カマンベール・ゴーダほか)やナッツ類(ジャイアントコーン・ピスタチオほか)をはじめ、塩辛、袖いか、ゆで卵、さきいか、サーモン、サバ・すじこ・たらこなどの燻製を購入することができます。どちらのお店でもお寿司と燻製をいただけます。

大将が言う「寿司の旨さは会話の良さ」の言葉通り、銀座時代から約50年、大将との会話を楽しみに「すし屋の信太」へ来店されるお客さんもいるほど。一見寡黙で怖そうなイメージの大将ですが、実は話し上手で、人と話すことが好きと言うのはご愛嬌! 結婚記念日や祝いごとなど、たまには贅沢したい、おいしいものを食べたと思ったときは足を運んでみてください。基本は前日までの予約制ですが、当日の14時までは予約を受け付けているそうです。

 

■メニュー(一例)

昼のお品書き(事前予約のみ)

・ランチ限定コース 4,000円
・ランチにぎり(13貫程度) 5,000円

夜のお品書き(事前予約のみ)

・にぎり 8,000円
・鮨と料理 15,000円のコース
・鮨と料理 20,000円のコース
・鮨と燻製 15,000円のコース

※昼と夜の「鮨と燻製コース」は二代目がおもてなしします。

 

住所さいたま市見沼区東大宮3-2-65
営業時間

昼:12:00~14:00
夜:17:30~21:00

定休日

月曜日

電話番号048-651-2531
その他

https://www.sushiyanoshinta.com/